【魔女の宅急便 その3 キキともうひとりの魔女】
ゲスト新キャラのケケがあんま好きになれなかったけど、読み終わってみればいいキャラしてた。キキが自分の気持ちを自覚しながらほうきで空を飛ぶシーンが本当に良い。トンボさんに良く見てもらいたくてお礼の品買うための貯金全部服とかに使っちゃうのも等身大の女の子って感じする。

【キャッチャーインザライ】
ライ麦畑でつかまえての村上春樹翻訳。村上春樹は好きだけどあんまりこのタイトル翻訳は好きじゃないかも。こっちのが原文に近いというのはわかるけど。内容はこじらせちゃった少年の話でまあ月並みな感想だけど中二病小説って感じ。主人公のホールデンに対してこいつホント何もかも気に食わねぇなとかとか思ってたら作中でも何度か指摘されてて笑った。こいつが好きなもの兄妹くらいだよね。アントリーニ先生にアッー!ントリーニ先生疑惑かかってたけど実際のところどうなんだろう。別に私はこの人はそんなつもり多分なかったんじゃないかなあって思うけど。ほらホールデンって自意識過剰が過ぎるし。翻訳は他の人のが好評らしいけど、あんま何度も読みたい作品ではないなあ。面白いんだけど。ホールデンがちょいちょいやれやれ言ってるのが村上春樹っぽい(死ぬほど雑な感想)。いや実際読むとそんなにやれやれって言ってないけどね村上春樹の登場人物。

【映画ノベライズ「鋼の錬金術師」】
何か公開当初からボコボコにけなされてた実写版の小説版。そっちは見てない。なのでノベライズ版のみの感想になっちゃいますが、思ってた以上に当たりでした。原作の4巻分までの内容を一冊に凝縮して、かつメインキャラ達の人間関係を温かく描いてあります。特にヒューズさん夫妻とエルリック兄弟+ウィンリイを交えた、親戚のいい人だけどへんなおっちゃん(失礼)尋ねて行ったような感じのほのぼのした雰囲気はとても微笑ましいです。ウィンリィがとても可愛い幼馴染件同行者になっていて、エドをオートメイル技師らしい描写でもってサポートしたり、お互い気になってる主人公とヒロインらしく二人で照れちゃったりするとこなんかホント可愛い。ホークアイ中尉もすごい副指揮官らしいカッコよさに溢れてて、大佐とお互い気遣い会うよき相棒してるとこなんかちょっと泣けました。アルが自分の存在は確かなのか?と疑うあのシーンもオリジナルな描写交えてますがエドならこうするなって感じだし、ヒューズさん関連は原作より重いですが、その変わりといった親バカらしいフォロー描写と大佐との友情はめっちゃヒューズさんらしいです。地の文での世界観描写も違和感ない。

人物描写と世界観描写が個人的に満点だったのでベッタベタに褒めちゃってますが一つの作品としては微妙です。後半はやっぱり尺がたりないような感じするし、オチも打ち切り漫画みたいな尻すぼみ。でも原作を再構築したファンアイテムとしては原作にもあった小道具や描写が作品愛溢れた使われ方をしていていいです。ロイアイとエドウィン好きなら普通におすすめ出来ると思います。後ロイエドコンビ好きでもちょっぴりサービスっぽいシーンあり。いいノベライズだったからノベライズなりにオチつけて終わってほしかった。(エピローグなきゃいい終わりだと思うんだけど)うーん、続編とかあるのかしら。

拍手いつもありがとうございます。追記で返信です。
続きを読む
2018/06/17(日) 06:39 雑記 PERMALINK COM(0)
結構サイト放置気味なのでデータ掘ったら出てきたssでも置いておきますね。追記はふりーむの企画についてです。もしかしたら不快かもしれないので畳んどきます自己責任で。
続きを読む
2018/06/10(日) 08:18 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
ふりーむさんのコンテスト参加賞(多分)のクーポン起源が迫ってたから音楽いくつか買った。ちょうど曲三つ買える金額くれる配慮が素敵だ。


このエルフのほこらって曲とかいかにもな感じでいいと思いませんか。多分無断使用防止かなんかだと思うけどちょいちょい視聴中に「ふりーむ素材ライブラリ♪」って入るのにフフッてなる。
2018/06/02(土) 12:14 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
【ぷいぷい!】とりあえず11巻まで。アルフとゲストキャラの儚いロマンスはちょっと萌えた。しかし11巻まで読んでもメイン二人がツンツン&サブヒロインのアルフの扱いが11巻まで結構あんまりな感じでなんともいえない。うーん、キャラはかわいいんだけど魔王学校ほどは萌え転がれなかったな。たまにメイン二人がデレてるときはかわいいんだけどな。この作者って基本のノリあんま変わんないけどやっぱ近年の作品の方がその辺が上手だな。

【そして誰もいなくなった】有名なやつ。一度読んどこうと思ってた。真相解明編は有名な作品だけあって面白い。

【女のいない男たち】村上春樹の短編。↓は各話感想

「ドライブ・マイ・カー」
恋愛的なヒロインが奥さんなんで、ドライバーの女の人とはほどよい距離感のまま終わるのがよかった。村上春樹にしては珍しいかというと長編でも短編でも案外関係持たないヒロインはいたりする。

「イエスタデイ」
木樽のスペックの無駄遣いっぷりと不器用な純愛?っぷりが面白いキャラしてた。

「独立器官」
渡会は安定の村上クオリティハイスペックだけど、この本の中だと一番萌えた。ゲイの秘書にも萌えた。なんかみんなフワッと付き合ったり寝たりしてふわっといなくなってる感じの登場人物ばっかなイメージあったから、方向性が薄暗いとはいえここまで情熱的になるキャラを見るとは思わなんだ。

「シェエラザード」
汚いシェエラザードな話。マジで。一番おもしれー!!ってパラパラ読んで行ったのはこの話。気持ち悪さと緊張感がいい。なんらかの意図はあるんだろうけど、いいとこで終わっちゃってるのも村上クオリティ。

「木野」
家福が可愛い。話の舞台はドライブ・マイ・カーにも出て来ているバーだったりする。

「女のいない男たち」
あんま印象に残ってない。読んでから感想書くまで間があったのもあるけど、どんな話だったか思い出せない。

村上春樹は著作エッセイ含め結構読んでてまあそれなりに好きなんだけど、感想が言いにくいな。読んでる間は楽しいんだけど。まあいいやチラシの裏みたいなもんだし。短編集でいくつか「僕」の一人称のやつあったけど、この形式近年の作品だと珍しいのでは。珍しく純愛っぽいというか割と固執や執着がなんとなく感じられる話が多かった気がする。あくまで村上春樹作品基準で。リアルに考えたり他の純愛作品と比べたらダメよ。

【艦隊これくしょん 艦これ とある鎮守府の一日】
まったりしつつも艦これ的軍隊の雰囲気が出てた。演習や龍驤の艦載機の飛ばし方とかあの辺の解釈がいい感じ。武器のうんちくもスラスラと読めた。オールキャラって感じでキャラ描写は割とまんべんなくって感じだけど、その中でも木曾と一航戦は特に可愛い。後天龍も。何気に飯テロな描写もアリ。金剛がちょっぴり確信犯。長門も可愛い。でも風邪引いた話で最後に来てくれた子をぼかしたのはなんか意味あったのかしら。
2018/05/20(日) 10:00 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
某所のweb企画に投稿してたssの「アイの黒」追加しました。ところでこれ、すごいちっちゃい企画のちっちゃい枠だけど佳作に選ばれてたんですよ。大賞と入賞作以外は審査員の数行コメントもらえるって程度なんですけど、今までささやかなイベントでもこういうのに縁とか全然なかったからすごく嬉しいです(そもそも出す回数が少なすぎなんだけど)。別の所に晒したら他の晒し作品に比べて反応微妙だったんで、たまたま審査員の方の肌に合っただけなんだろうけど。やっぱり小説が一番長くそこそこ真面目に書いてたから、こっちでちょっとでもいい事あるとすごく嬉しいな。次も選ばれる事はなさそうだけどまた参加したい。てかまた小説書いてどっかに送りたい。

2018/05/13(日) 23:09 雑記 PERMALINK COM(0)